学校長より


                                                            校 長  笹 本  学

  

令和4年度、校長を務めます 笹本 学 です。よろしくお願いします。

校は、昭和63年6月29日の旧八田村議会において、白根町八田村組合立御勅使中学校から分離独立する形で、八田村立八田中学校の建設が決定されたことにより、新たな歴史を刻むこととなりました。平成2年3月26日に白根町八田村組合立御勅使中学校が正式に解散となり、同年4月6日に八田村立八田中学校の開校とともに、第1回入学式が挙行されました。平成15年4月1日には、平成の大合併による旧町村の八田村・白根町・芦安村・若草町・櫛形町・甲西町の4町2村が合併し、南アルプス市の誕生により南アルプス市立八田中学校となりました。さらには、同じ学区である南アルプス市立八田小学校と連携を図り、平成31年4月1日に施設分離型の南アルプス市立小中一貫校八田小中学校となり、4年目を迎えます。また、今年度には小中一貫校としての八田小中学校運営協議会が設置され、南アルプス市で最初のコミュニティ・スクールとしてスタートを切ります。本年度で開校以来33年目を迎えます。

 

本学区は、東に釜無川(富士川)、西に南アルプス連峰を、また、南の富士山と北の八ヶ岳に囲まれ、全国でも有数である御勅使川扇状地帯の東部に位置しています。学区である八田地区は、南アルプス市人口の約1割に当たり、サクランボ等の果樹栽培が盛んであり、昔から、山梨県運転免許センター所在地として、県内に広く知られている地域でもあります。また、近年は中部横断自動車道と中央自動車道、東名・新東名自動車道との接続により、観光や企業誘致なども推進されています。

 

本校では、『日日新』(ひびあらた)(中国古典『大学』の「苟日新、日日新、又日新」)の校訓のもと、全校生徒155名と教職員24名が一体となって日々の活動を創り出しています。特に生徒は3つの木『合唱活動・部活動・応援活動』を生徒会活動の三本柱に据え、伝統を大切にしながら新しい八田中文化の創造に活動を繰り広げています。トップページの『校歌』をクリックして合唱で歌い上げる校歌をどうぞお聞きください